トップページ > 最近の活動 > 都議会 > 都議会定例会が新型コロナウイルスの補正予算を可決して閉会

最近の活動

都議会定例会が新型コロナウイルスの補正予算を可決して閉会

2020年6月10日、都議会定例会が議案の採決を行い閉会しました。会派を代表して藤井政務調査会副会長が議案に対する意見を述べました。その後、採決になり、新型コロナウイルス対策の5,832億円の補正予算や条例等が採決されました。なお、小池知事の4年間の任期最後の議会でしたが発言はありませんでした。今後の都政は、都知事選挙が6月18日に告示され7月5日に投票となります。

ユーティリティ

活動履歴

ページの先頭へ ▲ページの先頭へ