> 都議会質問

都議会質問記録

議会での活動の最も大きな活動である質問の内容を掲載します。議会での質問が重視されるのは、単に内容を問うためのものではなく、質問という形で政策を主張をし、行政にその政策の必要性を説き、その実現を導けるからです。以下にその概要を掲載します。
また、都知事の諮問機関である審議会や委員会に、議会選出の委員として出席し質問する機会もあります。質問内容をあわせて掲載します。

本会議で質問しました。 本会議で質問しました。
本会議で質問しました。

 

  • 237件の記録が登録されています。
  • 12ページ中1ページ目を表示しています。

2022/05/21 都議会で高齢者施策等について文書質問を提出しました

2022年3月25日、定例会で都に対して文書質問を提出しました。本会議場で質問する機会を得られなかった議員に、文書で質問を提出した場合に本会議での質問と同じ扱いをするこになっています。毎議会、議場での質問か文書質問か必ずどちらかを行っています。次の定例会前に答弁書が出されますが、答弁作成にあたって所管と意見交換しました。  今回は、高齢者施策を主にとりあげました。かねてから都政の最大の課題は高齢者施策として取り組んできましたが、コロナによって深刻さを増しています。老々介護対策、介護人材確保、施設整備などさらなる取り組みを求めて質問しました。その他にも、新型コロナ対策、下水道施設の整備、中国残留邦人の支援など質問しました。

詳細はこちら 

2022/03/16 財政委員会で都債、施設の維持更新計画について質疑しました

2022年3月16日、都議会財政委員会で財務局に来年度予算案などについて質問しました。都債の中で環境改善等を目的とするESG債の発行について、議案の土地信託契約の延長について、第三次主要施設10か年維持更新計画について質疑を行いました。

詳細はこちら 

2022/03/15 都議会財政委員会で公金管理、税務システムを質問

2022年3月15日、都議会財政委員会において会計管理局、主税局に質問しました。ウクライナ情勢による影響等のリスクに対して安全性の確保を最優先にした公金管理を求めました。また、税務基幹システムの再構築における個人情報保護や太陽光パネル付きゼロエミ住宅導入促進税制についての公平性の担保について質問しました。

詳細はこちら 

2022/03/07 予算委員会で会派を代表して小池知事に質問しました

2022年3月7日、都議会の予算特別委員会が開かれ、来年度の東京都予算案について会派を代表して小池知事に質問を行いました。ロシアのウクライナ侵攻に対する平和施策や影響される中小企業支援、予算編成の考え方、困難を抱える人たちへの支援、高齢者施策、交通弱者対策、防災対策、経済・雇用対策、新型コロナ対策、保健所の強化、児童虐待対策など広範にわたって質問しました。

詳細はこちら 

2022/02/28 財政委員会で危機に備えて基金の積み増しを求める

2022年2月28日、都議会財政委員会で今年度の最終補正予算について質問しました。今年度の一般会計予算は、税収増により歳入が増え都債の発行を減らしたもののコロナ対策予算が大きかったため、最終的に10兆4,080億円と過去最高規模になりました。今後の危機に備え基金の積み立てを求めました。

詳細はこちら 

2021/12/10 財政委員会でコロナ対策の補正予算を審議

2021年12月10日、都議会の財政委員会が開かれ、コロナ対策や原油高騰対策等1,047億円の補正予算について財務局に質問しました。都の貯金にあたる財政調整基金は、コロナ前は9千億円あったのが1千500億円まで減少しており施策の検証を求めました。また、会計管理局には都の指定金融機関であるみずほ銀行が相次ぐシステム障害を起こしたことを受け、都の対応を求めました。

詳細はこちら 

2021/12/07 コロナ対策など立憲民主党を代表して小池知事に質問しました

2021年12月7日、都議会の本会議が開かれ立憲民主党を代表して小池知事等に質問しました。新型コロナの第6波への備えと中小企業や都民生活への支援、コロナ禍で低下したがん検診率への対応、児童虐待防止の体制強化、学校教育の充実としてのIT環境の整備と教員の多忙化対策、孤独・孤立対策やひきこもり支援、気候変動対策など多岐にわたって質問しました。一定の答弁を引き出すことができ、編成中の来年度予算に反映できるよう、引き続き取り組みます。

詳細はこちら 

2021/11/18 財政委員会で税による格差是正を求める

2021年11月18日、都議会財政委員会が開かれ、所管の会計管理局、主税局の事務事業について質疑を行いました。コロナによる基金の取り崩しへの対応としての公金管理、コロナの影響に対する税の猶予、税による格差是正への取り組みなど質問しました。

詳細はこちら 

2021/10/19 財政委員会で待機児童解消、建設労働者の賃金向上を質問

2021年10月19日、都議会の財政委員会が開かれ、財務局の事務事業についての質疑が行われ、待機児童解消に向けた保育園の整備のための都有地の活用、公共事業における建設労働者の賃金の向上について質問しました。

詳細はこちら 

2021/10/13 新型コロナ対策、子どもの交通安全について文書質問を提出

2021年10月13日、都議会本会議で文書質問の提出について議長から報告がありました。文書質問は本会議場で質問する機会を得られなかった議員に、文書で質問を提出した場合に本会議での質問と同じ扱いをするこになっています。毎議会、議場での質問か文書質問か必ずどちらかを行っています。今回は新型コロナウイルス感染症対策、子どもの交通安全対策について質問しました。答弁書は次回の定例会前に送付されます。

詳細はこちら 

2021/10/08 コロナ禍における都財政について質疑しました

2021年10月8日、都議会財政委員会で議案の審議と東京都年次財務報告書への質問をしました。都財政もコロナ禍で厳しい状況にありますが、第6波への備えをするため積極的な財政出動をする必要があります。そのための財源確保のために常なる検証を行い無駄を削減しより効果のある施策を行うことを求めました。コロナ後の都政については、再びコロナ前の財務体質に戻せるよう引き締めを図りつつ、厳しい状況にある人に手厚く支援し格差を是正することの必要性も求めました。

詳細はこちら 

2021/09/29 財政委員会でコロナ対策の補正予算を審議しました

2021年9月29日、新型コロナの緊急事態宣言が終わり10月1日からリバウンド防止措置期間に移行するに際して、都が飲食店への協力金など2,23億円の補正予算を提出したため、急遽、都議会本会議が開かれ議案として上程されました。所管委員会に付託され財政委員会で歳入について質疑を行いました。コロナ対策で厳しくなった都の財政について、施策のための財源の確保、基金の活用、施策の検証などについて質疑を行いました。

詳細はこちら 

2021/08/19 臨時議会で新型コロナの補正予算で小池知事に代表質問

2021年8月19日、都議会臨時会の本会議で新型コロナ対策の補正予算の質疑が行われ、会派を代表して小池都知事に質問しました。感染者が急増する中、都として適切な情報発信、PCR検査体制の拡充、保健所への支援強化、野戦病院のような大規模臨時施設における医療提供体制の整備、酸素ステーションの増設、ワクチンの確保と若年層への早期接種、市町村への情報提供と連携、飲食店への協力金の早期支払いなどを提案しました。一方では知事の楽観的な発言、パラリンピックへの児童生徒の観戦、効果不明の莫大な広告費などの問題点は厳しく指摘しました。限られた資源を活かして都民の命を守るには知事の答弁は不十分でしたが、今後も、議会を開くよう求め、開かれて議論で状況が改善するよう取り組みます。

詳細はこちら 

2021/06/10 東京都平和の日について意見を述べました

2021年6月10日、知事から委員として委嘱を受けた東京都平和の日記念行事企画検討委員会に出席しました。1945年の東京大空襲で10万人の方が亡くなった3月10日に毎年行われる記念式典について内容を協議しました。若い人の参加も促すこと、被災者代表も委員に加えること、凍結されている平和祈念館の議論を再開させること、平和の日だけではなく平和を担当する常設の部門を設置することなど求めました。

詳細はこちら 

2021/06/03 総務委員会で飲食店への協力金の早期支給を求めました

2021年6月3日、都議会の総務委員会が開かれ質疑を行いました。今回、新型コロナ対策の補正予算として飲食店への対応について、「新しい多摩の振興プラン」について、「東京デジタルファースト条例に基づく推進計画」について質問しました。飲食店に早急に協力金を支給すること、多摩格差の是正を行うこと、ICT化の推進の際には高齢者等への配慮を行うことなど質問を通じて主張しました。

詳細はこちら 

2021/06/02 都議会本会議で知事に代表質問を行いました

2021年6月2日、都議会の本会議が開かれ各会派から代表質問が行われました。幹事長として登壇し知事に質問しました。通常の選挙の直前の定例会は日程が短く設定されているのですが、コロナ禍でそのまま開催されたことに違和感があります。持ち時間が6分しかないため、新型コロナ対策、オリンピック、ワクチンなどについて質問しました。

詳細はこちら 

2021/05/31 同性パートナー制度の陳情に賛成の立場で質問しました

2021年5月31日、都議会の総務委員会が開会されました。翌日から始まる都議会定例会に知事から提案される議案の説明が行われました。また、報告事項としてデジタル化の推進計画、交通安全計画、多摩振興プラン、防災プランなどの説明を受けました。最後に都民からの陳情の審査があり、「パートナーシップ制度の創設に関する請願」は賛成の立場から質問し趣旨採択されました。また、「人権尊重条例に基づくヘイトスピーチ対策に関する陳情」は賛同できる項目もあり質問しました。

詳細はこちら 

2021/03/18 総務委員会で来年度予算案に意見を述べました

2021年3月18日、都議会の総務委員会が開かれ、今週質疑を行ってきた来年度予算案や条例案について審議を行いました。予算案に対する会派としての意見を会派を述べました。

詳細はこちら 

2021/03/17 総務委員会でデジタルサービス局設立に対して質問

2021年3月17日、都議会の総務委員会に出席し、戦略政策情報推進本部、監査事務局に来年度予算や報告事項について質問しました。戦略本部は4月からデジタルサービス局に名称変更するため、デジタル化への取り組み、行政改革、セキュリティー、情報通信網の整備、新型コロナ対策へ活用などについて質問しました。

詳細はこちら 

2021/03/16 都議会総務委員会で新型コロナ対策、防災対策、人権施策を質問

2021年3月16日、都議会の総務委員会に出席し、総務局に来年度予算や報告事項について質問しました。特に新型コロナ対策としての施策の検証、担当職員の増員、商品券の発行、また、防災対策や人権施策についても質問しました。

詳細はこちら 

ユーティリティ

都議会質問内検索

Search

過去ログ