トップページ > 都議会質問 > 都議会総務委員会 > 核兵器禁止条約批准の請願に賛成の意見を表明

都議会質問都民の声を都政に届ける

核兵器禁止条約批准の請願に賛成の意見を表明

2021年2月15日、都議会の総務委員会で都民から出された核兵器禁止条約への批准を求める請願の審査を行いました。賛成の立場から意見を述べました。残念ながら知事与党等の反対で否決されました。

「日本政府及び国会に対して核兵器禁止条約への参加及び批准を求めることに関する請願」について賛成の意見を述べます。

 今年1月に核兵器の開発、保有、使用等を禁じる「核兵器禁止条約」が発効しました。残念ながら日本政府は条約への署名及び批准をしていません。唯一の戦争被爆国として、核兵器廃絶に向けた強いイニシアチブを発揮することが求められています。

 核兵器の廃絶については、都議会立憲民主党としてたびたび本会議でも小池都知事に質問してきました。都として非核都市を宣言し、核兵器のない社会の実現に積極的に行動すべきよう求めましたが、残念ながら知事の答弁は、「核廃絶に向けた取り組みは国の安全保障にかかわる問題で、都として非核都市宣言を行う考えは持ち合わせていない」との冷淡な答弁でした。

 先の定例会の総務委員会でも、条約への署名及び批准を求める政府への意見書を提案しましたが、まとまりませんでした。東京都及び都議会から、核兵器廃絶に向けたメッセージを何一つ発することができない現状は残念でなりません。都議会立憲民主党は、軍縮と核兵器の廃絶を機会あるごとに強く訴えていくことを申し上げ、請願に賛成する意見とします。

ユーティリティ

過去ログ

ページの先頭へ ▲ページの先頭へ