トップページ > 都議会質問 > 都議会都市整備委員会 > 都市整備委員会で石神井公園駅の再開発を質問

都議会質問都民の声を都政に届ける

都市整備委員会で石神井公園駅の再開発を質問

2020年9月17日、都議会の都市整備委員会に出席しました。紹介議員になった「ハンセン病元患者・家族の人権回復及びハンセン病問題の全面解決に関する請願」について住宅政策本部に質問し都営住宅の優先入所を求めました。また、練馬区石神井公園駅付近の都市計画変更について地域の声を丁寧に聞くよう質問を通じて求めました。新型コロナの影響を受けた今後のまちづくりも検討するよう求めました。

1 「ハンセン病元患者・家族の人権回復及びハンセン病問題の全面解決に関する請願」について質問します。

A1:ハンセン病はすでに治る病気になっていても、長年、国の隔離政策で療養所に住むことを余儀なくされてきました。現在、都内でハンセン病療養者の退所者等がどのくらいいるのか、また、その方々の住宅事情はどうなっているのか伺います。

A2:積極的に調査ではなくとも困った方が相談できる体制は必要です。福祉保健局と連携して対応することを求めます。国が決めなくても都単独で決めることもできるはずです。ハンセン病療養所の入所者等は、同居親族要件や入居収入基準を緩和をしているとのことですが、さらに優先的に入居できる対象にもすべきではないかと考えますが見解を伺います。

A3:優先入居の対象にする方向で検討すると回答がありました。ですが、優先抽選では当たりやすくなるだけ入れない場合もあります。歴史的背景や当事者の年齢を考えると「一定戸数を特別に割り当てる方式」が妥当ではないかと考えます。また、現実的な対象人数を考えると、「一定戸数を特別に割り当てる方式」が可能ではないかと考えます。今後、方式を見直す必要があると考えますが見解を伺います。

まとめ:以前、国立ハンセン病資料館を伺いました。ホームページには、館長が「新型コロナウイルス感染症に関連してハンセン病問題と同じ過ちをくり返さないために」として、「ハンセン病と新型コロナウイルスによる感染症とでは、その病気の性格は大いに違っており、本来は同一に論じられるものではないかもしれません。」としながら、「ハンセン病患者や回復者及びその家族が体験してきたような、病気を理由とした不当な差別、偏見、いじめ等は、けっして繰り返されてはなりません。」と述べています。今回、この請願を可決して、都営住宅に入れるようにしていただきたいのですが、そうしたサービスができても、差別や偏見などで受けないということがないようにすることが必要です。都として改善することを求めて質問を終わります。


2 「練馬区石神井町一丁目外各地内」の東京都市計画用途地域の変更について質問します。

A1:質問するに際して現地を訪れ、駅の周りの状況を見てきました。駅の近くには商業地域があり、近くには都立石神井公園もあり、生活するにはとても良い環境にあります。すでに一部では再開発が進み、補助132号線や補助232号線の一部が整備され、高層ビルも建っています。現在でも、道路が狭いとはいえ、飲食店などの商店が軒を並べてにぎわっています。そこで、まず、今回の市街地再開発事業の都市計画の目的を伺います。

A2:再開発があると、お店を所有ではなく賃貸で経営している場合には、一般的に、賃料があがり、元の場所に戻って商売をすることが事実上不可能になってしまいます。防災上、交通上も狭くて混雑している状況を改善することが必要とは言え、それがゆえに一定のにぎわいもありました。それが、高層ビルになり賃料が上がると、通りとしては、大手のチェーン店かガラス張りのエントランスになることもよくあります。街の魅力についての考え方は様々ありますが、通勤の方や地域の方が、駅前で食べたり飲んだり、買い物をしたりという街ではなくなることもあります。今後、どのようなまちづくりを行うのか、見解を伺います。

A3:今回の再開発で100mの高さのビルが建ちます。また、道路が商店街を抜けて整備されるなど、まちの様子が一変します。賛成や反対などどのような地域の声があったのか伺います。

A4:地域からは様々な声が出ているようです。今後のまちづくりにおいて丁寧に地域の声を聴く必要があります。今後の取り組みを伺います。

まとめ:新型コロナウイルスによりまちづくりの考え方も変わっていきます。技術の進歩に伴い、テレワークも促進され、必ずしも都心や駅の近くで値段が高くて、狭い場所ではなく、遠くても値段が安くて、広い場所に住んだり、働いたりと、考え方が変わり、まちも変わっていく可能性があります。今後、必ずしもこれまでのような集中型の都市づくりとは変わっていくのではないかと思います。まだ、コロナがおさまっていない状況ですが、さきざき、個別の再開発やまちづくりにも影響が出ると思いますので、今後、コロナの影響によるまちづくりを検討していただくことを要望して質問を終わります。

 

ユーティリティ

過去ログ

ページの先頭へ ▲ページの先頭へ